インスタでなりすまし!?特定と報告の方法!

芸能人のインスタアカウントの「なりすまし」はよくあることですが、一般人が「なりすまし」にあった場合もあります。

そこで今回は、芸能人・一般人ともに、インスタでの「なりすまし」についてまとめました。

「自分はやられるわけがない」と思っている方も、案外標的にされる可能性が高いです。

もし誰かになりすましたアカウントを見つけた時は以下の方法で報告してください。

 



スポンサーリンク



インスタでなりすまし!?

 

出典:https://www.photo-ac.com/

インスタでも「なりすまし」、つまり偽アカウントの被害が発生しています。

偽アカウントとは、本人でないユーザーがあたかも本人であるように作成・投稿するアカウントのことです。

 

インスタ上でのなりすましの目的

インスタのなりすましアカウントはなぜ作られるのでしょうか?

芸能人のなりすましアカウントは「人気を落とすため」「世間を驚かせたいため」などの目的が考えられますが、一般人の場合は一体どういう理由で作られるのか疑問ですよね。

一般人になりすますアカウントは、いたずら目的の場合もありますし、最悪のパターンでは詐欺などの犯罪に使用される危険性もあります。

また、そこそこ有名なネットユーザーなどになりすまし、芸能人と同様に「評価・人気を落とす」、「違法行為をして本人の信用をなくす」目的でアカウントを作成する場合もあります。

このように本人の知らぬ間に違法行為に使用される危険性もあるため、偽アカウントを発見したら直ちに報告することが重要です。

もちろん自分だけでなく、誰かのなりすましアカウントを見つけた場合もすぐ報告してください。

 



スポンサーリンク



インスタでのなりすましの特定と報告の方法

 

出典:https://www.photo-ac.com/

もしなりすましアカウントを発見した場合は、以下の方法でインスタグラムに報告してください。

なりすましアカウントに直接報告しても削除されないことがほとんどなので、必ずインスタグラム側に報告するようにしてください。

 

なりすましの特定方法

インスタでなりすましアカウントを特定するには、まず芸能人や著名人、美術館などの施設、ブランドなどの場合は「ブルーバッジ」が付いているかを確認します。

「ブルーバッジ」とは、インスタグラムが独自の基準でアカウントを認定する、いわば「公式アカウント」の認定です。

「ブルーバッジ」はなりすましアカウントが作成される恐れのあるユーザーに与えられます。

「ブルーバッジ」は申請などでは取得できないため、フォロワー数を増やしたり社会的に著名になったり広告料を払ったり、といった条件が必須になります。

ちなみにフェイスブックでも「ブルーバッジ」の制度があるため、フェイスブックでも同様に「本物のアカウント」かどうかをチェックできます。

フェイスブックには「グレーバッジ」の制度もありましたが現在は廃止されているため、インスタと同様の認定と捉えてOKです。

 

しかし、ブルーバッジを与えられていないアカウントの場合は判別が難しそうですよね。

一般人の方のなりすましアカウントを見つけるには、投稿内容をよく確認する必要があります。

例えばあなたが投稿した写真のハッシュタグから、なりすましアカウントの投稿にたどり着ける場合もあります。

Google検索でインスタの投稿写真を表示させて、「似たような画像」のフィルターをかけて調べる方法もあります。

また、フェイスブックで投稿した写真をインスタで使われる場合もあります。

このように投稿内容から判断する方法は、1枚ごとに調べたり膨大な量の写真を探ったりと少々面倒ですが、写真が重複していれば確実に特定可能です。

もしくはご自身の本名やユーザー名で検索して探す方法もあります。

しかしこの場合も同姓同名の名前で登録しているだけの可能性もあるので、投稿写真をしっかり確認してから報告する必要があります。

ちなみになりすましアカウントではないのになりすましの報告をすると、損害賠償にも繋がる恐れがあります。

なりすましアカウントの報告は確実になりすましだと判断できる場合におこなってください。

 

なりすましの報告方法

なりすまししているアカウントをインスタ側に報告する方法は以下の通りです。

ご自身がなりすまされた場合も、誰かがなりすまされている場合も同じ手順で報告可能です。

 

①なりすましアカウントのトップページの右上にある「・・・」マークをタップ。

②「報告する」をタップ。

③以下指示に従って情報の入力を進める。

 

また、以下の方法は「インスタのアカウントを持っていない人用」の旨が書いてあるものの、アカウントを持っているユーザーでも使用は可能です。

急ぎの場合やなりすましで深刻な被害に遭った場合は、こちらの方法から報告してもいいでしょう。

 

Instagramヘルプセンター
にアクセス。

②指示に従ってなりすましの状況を報告。

③身分証明書の提示(運転免許証、パスポートなど顔写真つきの証明書)

 

また、もしインスタ側になりすましアカウントを削除してもらえなかった場合は、非公開アカウントとしてアカウントに鍵をかけてください。

ただしインスタに調査をしてもらっている間は公開アカウントにしておいたほうが良いでしょう。

調査が終わってから非公開アカウントに切りかえてください。

また、フェイスブックから投稿写真などが流用される場合もあるので、フェイスブックの閲覧を「友達のみ」に設定しておくのも良いでしょう。

フェイスブックとインスタを連携させていなくても、ユーザー名などの検索でフェイスブックアカウントも分かってしまう場合があります。

インスタ内だけでなく、フェイスブックの方も気を配ることが重要です。

 

インスタのなりすましについてまとめ

 

出典:https://www.photo-ac.com/

以上、インスタのなりすましアカウントに遭った場合の報告の方法などについてご覧いただきました。

 

・なりすましアカウント=偽アカウントは、あたかも本人のように偽って作成・利用するアカウントのこと。
芸能人の場合は信用を落とす・いたずらなどの場合があるが、一般人も詐欺などに悪用される可能性がある

・なりすましアカウントの特定は、芸能人や著名人などの場合は「ブルーバッジ」を一つの判断基準として確認する。
一般人のなりすましアカウントは、投稿写真がインスタやフェイスブックと重複していないか確認する。
またはユーザー名や本名などで検索して、怪しいアカウントは投稿写真もしっかり確認すること。

・なりすましアカウントを発見した時は、なりすましアカウントに直接注意するのではなく、必ずインスタのヘルプセンターを通して報告する。
身分証明書の提示などが必要になる場合もあるが、確信と確実な報告をすればアカウントを削除してもらえる可能性も高まる。

・アカウントを非公開アカウントにするのも有効。ただしインスタに報告中は鍵をかけない方がいい。

・フェイスブックの情報も「友達のみ」、「非公開」などに設定しておくと、インスタへの流用を防げる。
インスタとフェイスブックを連携させていなくても、ユーザー名の検索などで双方のアカウントが分かってしまう場合もあるので気をつけて利用しよう。

 

なりすましは犯罪です。

友人など他の人がなりすましアカウントを発見するケースもありますが、ご自身でもぜひ日頃から気をつけてインスタを使いたいものです。

また、安易な気持ちで芸能人のなりすましアカウントを作るのも絶対やめてください。

いたずらでも訴えられる可能性は非常に高いです。

なりすましはSNS全般でつきまとう悪用のひとつなので、インスタに限らず気をつけて利用しましょう。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × five =