インスタに投稿できないことやタグがつかない原因は?

インスタで投稿するとき、いつもと同じように投稿しているはずなのに、なぜかうまく投稿できない場合がありませんか?

急に投稿ができなくなると、不安になってしまいますよね。

インスタで投稿できない原因はいくつか考えられます。

今回は、インスタで投稿できない場合の原因、投稿したのにハッシュタグが反映されない場合の原因と解決方法についてご紹介します。



スポンサーリンク



インスタ投稿 写真や動画の容量は大丈夫?


出典:https://www.princetonreview.com/

インスタに投稿する写真や動画が容量が多いと投稿できない場合があります。

最近のスマホカメラは性能がよいので、一枚の写真でも容量も大きくなってる場合があります。

一度投稿する写真の容量を確認してみましょう。

写真加工アプリなどで簡単に容量を小さくすることができますので、小さく加工して再度投稿してみましょう。

写真を複数枚投稿する場合も、容量が大きすぎる可能性があります。

写真の容量を小さく加工するか、写真の枚数を減らして投稿してみましょう。

また動画は写真に比べて一つの容量がとても大きいので、動画再生時間が長めの動画だったり動画を複数枚同時に投稿しようとすると、投稿できないことがあります。

また動画と写真を複数投稿する場合も、同じように投稿できない可能性が高くなります。

ひとつの動画で60秒程度のものを2、3枚投稿するにも容量が大きくなってしまいます。

動画の投稿ができない場合は、再生時間を短く加工してみましょう。

複数の動画を投稿していた場合は、投稿動画を減らして再度チャレンジしてみましょう。

 



スポンサーリンク



電波状態は?通信速度制限は?


出典:http://instagram-kiwami.com/

投稿している場所の電波状態が悪いと投稿に失敗することが多く見られます。

まずは電波状況を確認してみましょう。

電波状態が悪い場合は電波をうまく受信できる場所に移動して、再度投稿してみましょう。

電波以外に通信速度の制限がかかっている場合もうまく投稿できないことがあります。

スマホの契約には通信速度制限があり、1ヶ月で一定の通信を行うと月末まで速度制限がかかり、動画はもちろんネット環境で使用するアプリなどはほとんど使えない状態になってしまいます。

そのような場合は、投稿に失敗することが多い為、速度制限が解除されてから再登録を行うか、wi-fi環境で登録を行ってみましょう。

 

その動画の音楽、著作権は大丈夫?


出典:https://www.gojo-partners.com/

インスタに投稿する動画に音楽をつける時に確認が必要なのは、その音楽が著作権違反になっていないか注意する必要があります。

もしも、動画につけていた音楽が著作権違反として扱われた場合、投稿できない場合があります

特にアーティストの音楽が入っている場合、該当することが多いのです。

インスタグラムは著作権には厳しく管理を行っていて、音楽に対しても同様です。

音楽付きの動画は、インスタに投稿する際に機械的にチェックがされているのでチェックに引っかかると投稿できない状態になったりします。

もし音楽をつけた動画が投稿できない場合は、試しに音楽を削除した動画を投稿したり別の動画を投稿してみましょう。

別の動画が普通に投稿する事ができれば、音楽が著作権違反として扱われている可能性が高くなります。

著作権については、音楽以外にもインターネットの写真をコピーしたり、有名人の写真などを投稿する場合にも問題になることがありますので、十分注意してくださいね。

 

インスタアプリのバージョンは?


出典:https://colorful-instagram.com/

インスタアプリのバージョンは最新版になっていますか?

アプリが最新版になっていない場合、投稿できない時があります。

電波状況や通信速度制限もなく、容量の大きくない動画などで投稿ができない場合はインスタアプリが最新版になっているか確認してみましょう。

最新版になっていない場合は、アップデートを行って最新版にしてから再度投稿してみましょう。

まれにアプリの不具合や障害などで投稿できないケースがあるようです。

その場合は個人で対応することはできませんので、インスタ側の修正を待つしかありません。

 

タグの付けすぎ注意!


出典:https://www.analyticdesign.solutions/

写真や動画の容量もばっちり、電波状態やアプリのバージョンも問題ないのに投稿できないという問いはハッシュタグの付けすぎかもしれません。

インスタへ投稿する時に送信できないとき、「ハッシュタグの付けすぎ」が原因であげられます。

インスタグラムでは、システム上ハッシュタグを30個以上つけて投稿すると、エラーが発生し投稿することができないのです。

意外とハッシュタグの数については知られていないのですが、インスタグラムのQ&Aページにも説明がされています。

プロフィールを非公開にしている利用者が投稿にタグ付けしても、投稿はハッシュタグページに公開されません。

ハッシュタグでは数字を使用できます。ただし、スペースと、$や%などの特殊文字は使用できません。

タグを付けることができるのは自分の投稿のみです。他の人の写真や動画にはタグ付けできません。

1つの投稿に最大30個のタグを使用できます。1つの写真や動画に31個以上のタグを含めると、コメントを投稿できなくなります。

Apple iOSの旧バージョンではハッシュタグのタップがサポートされていません。代わりに、[検索] > [検索] > [タグ]の順に移動してハッシュタグを検索します。

もしハッシュタグをつけて投稿しているのに、何度も投稿できない場合にはハッシュタグが

30個以上ついていないか確認してみてみましょう。

投稿した時に、キャプションの内容が真っ白になり消えてしまう場合もハッシュタグのつけすぎが原因とされています。

投稿したらキャプションが消えていたら、せっかく書いたのにショックですよね。

もしこのような場合はハッシュタグをつけすぎてなかったか一度振り返ってみましょう。

 

インスタで送信中のまま投稿できない!?


出典:http://bokuranotameno.com/

インスタに投稿するときに、「送信しています」の表示が出たまま動かない!ということがありませんか?

いつまで待っても投稿できないとイライラしてしまいますよね。

「送信しています」の表示がでたまま動かない場合、うまくアップロードできていません。

投稿が送信中でとまってしまう場合、まずは写真や動画の容量を確認してみましょう。

写真サイズが大きすぎるため、アップロードに時間がかかっていることがあります。

写真加工アプリなどを使って写真サイズを小さくして、写真自体の容量を減らしてみましょう。

動画も同様に容量が大きいと投稿に失敗することがあります。

動画の再生時間が長いとうまくアップロードできない場合がありますので、再生時間を短くしてみましょう。

また動画の再生時間を短くしても投稿が送信中でとまってしまうこともあります。

動画や写真を同時に複数枚投稿しようとした場合、時間がかかってしまい「送信しています」の表示がでて止まってしまうこともあります。

その他の原因としては、電波状況が悪い場合が考えられます。

投稿しているときに「送信しています」の途中で何度も切断されてしまったときはそのまま「送信しています」の表示が終わらないようになります。

その場合は、一旦インスタアプリを落とし、スマホの通信回線も一旦切断し、再接続してみましょう。

通信回線の切断は、「機内モード」を起動して解除すれば簡単にできます。

 
いかがでしたか。

インスタで投稿できない時はいろいろな原因が考えられます。

原因を解決して、投稿がスムーズにできるようになるといいですね。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four − one =