インスタで話題!手帳の中身や手帳タイムとは?

新生活が始まると、手帳を新しくする方も多いのではないでしょうか。

今回はインスタで人気の「手帳の中身」、「手帳タイム」についてご紹介します。



スポンサーリンク



インスタ「#手帳の中身」


出典:https://www.buzzfeed.com/

新生活が始まる時期になると、手帳を新しくする人や新生活に向けて手帳を買われる人も多いのではないでしょうか。

今ではスマホが生活の一部になり、スマホでスケジュール管理やメモをする人が多いのですが、手帳もまだまだ根強い人気があるんです。

その手帳をインスタに投稿したり、手帳に書かれた内容を「#手帳の中身」のハッシュタグで投稿する人が増えています。

ではデジタル時代の現代で、なぜ手書きの手帳が人気なのでしょうか。

手帳が選ばれるのには4つの理由があります。

書くことで記憶に残しやすくなる

デジタルで入力するのに比べ、手で文字を書くことはより記憶に残りやすいと言われています。

勉強でも読むだけよりも書くことで覚えることができるのと同じですね。

すぐにメモがとれる

アイデアが浮かんだときにすぐにメモを取りたい、仕事で指示されたことを忘れないようにメモしたいという時に手帳はすぐに取り出してメモする事ができます。

上司に指示されている時にスマホにメモしようとしても、そういう時にスマホはなかなか取り出せないものです。

自分の好みにデコることができる

デジタルツールはフォーマットが最初から決まっていることが多く、ツールに合わせた使い方をするのですが手帳には余白があり、ペンやシールを使って自分好みにデコレーションできることが魅力です。

また写真や切り抜きを貼ったり、用途は様々で自分だけの手帳を作ることができます。

持ち歩きたい資料などを保管することができる

例えば普段持ち歩きたい資料や大事な資料を手帳に挟んだりすることができるのも手帳の良いところです。

手帳は持ち歩くことが多いですから忘れずにすみますし、使うときにぱっと取り出すことができるので便利です。

 



スポンサーリンク



インスタ「#手帳術」


出典:https://sequencemobile.wordpress.com/

今ではさまざまなスタイルの手帳が増え、それぞれに合わせて手帳を使いこなす「手帳術」にも注目が集まっています

男性、女性、または主婦だったり、こども向けだったり、今はたくさんの手帳術と呼ばれる使い方ががあります。

インスタでも「#手帳術」で検索するとたくさんの投稿を見ることができますので、自分にあった手帳術を身につけてより充実した生活を送ることができます。

また「手帳術」で人気のインスタグラマーや人気ブロガーの手帳やノートのルールを紹介した書籍が話題になっています。

「書いて叶える、スッキリ暮らし わたしの「ノート&手帳」ルール」

こちらの書籍は、、「達人の暮らしとノート&手帳スタイル」「自分に合った手帳選び」「暮らしや自分を整える、テーマ別ノート&手帳アイデア」の3つの項目で構成されていて、手帳術やノート術で暮らしを整えたり、手帳の役立て方を紹介していて、手帳のある暮らしぶりがイメージしやすくなっています。

さらには愛用の文房具や手帳・ノートの持ち歩き方、手帳の失敗談なども収録されていて、手帳を楽しく使ってみたいという方にはおすすめの内容です。

 

手帳会議、手帳タイム


出典:https://www.atpress.ne.jp/

手帳会議というのは、次に使う手帳をどれにするか、どういう使い方をするかをユーザーがひとりでじっくりと考える会議のことを言います。

もともとは、手帳好きな方が集まるワークイベントが始まりで、その場で手帳について話あうことが手帳会議と呼ばれていたそうです。

インスタでも手帳が発売される9月あたりから「#手帳会議」のハッシュタグがついた投稿が増えてきます。

手帳やノートに自分が使いたい手帳のリストを記入したり、使い方を考えて書き込み、それを投稿しています。

また「#手帳タイム」として手帳の使い方や手帳を楽しむ時間として投稿されている方も多くいます。

これらをインスタで投稿することで、お互いの情報を共有したり、情報交換の場として使われています。

手帳ユーザーの方たちは、手帳を使うだけでなく手帳を選ぶところから楽しんでいるようです。

 

インスタ映え?手帳にイラスト


出典:https://www.pinterest.jp/

手帳にスケジュールを記入するだけでなく、日々の日記をイラストにしたり、文字の隙間にイラストやシールなどでオリジナルな使い方をしているインスタグラマーの方がたくさんいます。

イラストが苦手という人には手帳にかわいいイラストが簡単に描けるような本も出ていますので手帳をイラストでかわいくしたいという人にはおすすめです

またインターネットで「手帳にかわいくイラスト」などと検索すると、参考になるようなかわいらしいイラストがたくさん出てきます。

手帳の中にイラストを描いてアイコン化して見た目を統一すると見た目もわかりやすくかわいい手帳になります。

 

インスタで人気!手帳の種類


出典:https://twitter.com/

手帳の選び方ですが、何のために手帳を使いたいのかによって選択肢も変わってきます

手帳をよく使うシーンは?

・仕事やビジネスシーンでの使用
・家族のスケジュール管理
・仕事とプライベートの兼用で使用
・日記として使用
・アイデアログとして使用
・ライフログとして使用

などがあります。

手帳のサイズは?

手帳にはたくさんの種類がありますが、大きく分けると時間を管理するか、メモやアイデアのログを残すかで選ぶ手帳も変わってきます。

手帳には様々なサイズがあり、持ち運びに便利なサイズから書き込むスペースがたくさんとれる大判などさまざまです。

手帳サイズは大きく分けると4つのサイズになります。

・A6(文庫サイズ)105×148㎜
・B6(単行本サイズ)128×182mm
・A5(教科書サイズ)148×210mm
・B5(ノートサイズ)182×257mm

普段持ち運ぶなら小さめを、たくさん書き込みたいなら大きめを、という具合に選ぶと使いやすい手帳を選ぶことができます。

手帳のフォーマット

・月間マンスリータイプ(カレンダーと同じフォーマットで、月毎のページが用意されています)
・週間バーチカルタイプ(縦軸が時間軸)
・週間レフトタイプ(左側が1週間の予定、右側がフリーページ)
・週間ホリゾンタルタイプ(1週間の予定が左右に分かれている)
・週間ブロックタイプ(見開きで1週間分と余白が8マスに分かれている)
・1日1ページタイプ(1日が1ページ)
・ガントチャート(縦軸に項目、横軸が日程)

例えば営業職の方が営業先に向かうスケジュールを管理するなら、時間軸が描かれている週間バーチカルを、子育て日記や自分のライフログを主に書きたいという場合なら1日1ページを、というように使いたい目的によってフォーマットを選ぶと使いやすく活用することができます。

インスタで人気の手帳

「ほぼ日手帳」
糸井重里氏が運営している「ほぼ日刊イトイ新聞」の企画から生まれた「ほぼ日手帳」は1日1ページの文庫本サイズで、インスタでも人気があります。

使い方はとても自由で、スケジュール管理はもちろん、日々のログを記録したり、イラストで日記にしたり育児日記として使う人もいます。

「#ほぼ日手帳」のタグで検索すると、参考になる使い方がたくさん見ることができ、手帳を始めてみたいという人も参考になるはずです。

またサイズも文庫本サイズが定番ですが、カズンと呼ばれる大判のものや、weeksというビジネスマンにも人気の月間と週間レフトタイプの手帳もあり、手帳カバーも種類がたくさんあるので、自分好みの手帳が見つかるはずです。

「ジブン手帳」
「1年で終わり」ではなく「一生使える」手帳をコンセプトにTVチャンピオン第二回文房具選手権で準優勝した佐久間英彰氏がコクヨと組んで作った手帳です。

手帳に書かれるすべての情報を整理・整頓し直し、それぞれに適した置き場所を再設計することで今までにない発想のライフログ手帳です。

三冊のスタイルになっていて、「DAIRY」「LIFE」「IDEA」と目的に分けて使えることで人気があります。

「DAIRY」は月間とバーチカルタイプになっていて、プロジェクト管理や日々の時間を管理するのに便利で、ビジネスマン以外にも主婦の方や時間を効率よく使いたい人にとても人気です。

「無印良品手帳」
無印良品はサイズ、フォーマットがとても豊富で人気があります。

中身も非常にシンプルで使いやすく、カスタマイズの自由さが売りになっていて、リピーターも多く存在します。

サイズはB5、B6、A5、文庫サイズ、フォーマットも縦型・横型とかなり豊富に揃っていて自分好みの1冊が見つかるはずです。

シンプルなので、表紙にシールなどでアレンジしたり、中のフォーマットにイラストなどでオリジナルの手帳をつくることができます。

 

いかがでしたか。

ぜひ自分だけの手帳を見つけて、毎日の生活を楽しくアレンジしてインスタに投稿してみてはいかがですか。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − two =