インスタの著作権、音楽は?回避できる?

インスタで、海外アーティストのヒットソングや映画のテーマソングなどを流している動画を見かけることがありますよね。

しかし心配になるのが、著作権の問題です。

音楽つきの動画は芸能人の方も堂々と投稿してらっしゃいますし、もしかしたら問題ないのかも…?

そこで今回は、非常に重要なインスタの著作権について学んでおきましょう!

音楽の使用はどこまで許されるのか著作権回避の方法はあるのか?

インスタの著作権に関した気になる疑問を、ここで丁寧に解決していきましょう。

 



スポンサーリンク



インスタの著作権について

 

出典:https://www.pexels.com/

まずはインスタで著作権が関わる部分をおさえておきましょう。

また、著作権が侵害された場合の申し立て方法も、いざという時のためにチェックしておくことをおすすめします。

 

著作権とは?

大前提として、著作権の意味を今一度確認しておきましょう。

著作権とは、著作権法によれば「思想または感情を創作的に表現したものの内、文学・学術・美術・音楽の範囲に属する」著作物に対して発生する知的財産権のことを意味します。

インスタの場合は、投稿写真動画文章、そして動画の音楽が対象になりますね。

著作権を故意に侵害した場合、懲役10年以下または1000万円以下の罰金が課せられます(併科もあります)。

「故意」というのは、「この写真とは全然違う写真だから著作権違反にはならないだろう」などと認識しても「故意」にあたります。

 

インスタの画像の著作権

インスタの画像や動画は、著作権物に該当します。

したがって、自分以外のユーザーが投稿した写真を無断で投稿すれば著作権違反になります。

ただしリポストは転載元のアカウント名が表示されるため、著作権的には問題ありません。

また、ブログなどのインスタの埋め込みは基本著作権違反にはなりません

ただし著作権違反の投稿を埋め込むことはNGです。

「許可をとってから使用してください」の旨を明記しても法的効力はありませんが、その旨を違反して埋め込みなどをされた場合は申告した方がいいでしょう。

 

インスタで著作権を侵害されたら

もし、撮影した写真や動画、ご自身のイラストなどの創作物が無断転載された場合などは、以下の方法でインスタに申告をしてください。

問題の投稿をしたアカウントに直接注意をするのではなく、インスタの専用フォームから削除などの処置をしてもらうようにします。

【パソコンから報告する場合】

①問題の投稿をしたアカウントトップにアクセス。

②プロフィール上部の「・・・」マークをクリック。

③「利用者を報告」をクリック。

④無断転載の場合は「知的所有権」をクリック。

⑤以下コメントや詳細をよく読みながら、必要事項を入力。
無断転載された写真や動画の原本の提出が必要になるので準備しておきましょう。

 

【スマートフォンから報告する場合】

①問題の投稿をしたアカウントトップにアクセス。

②プロフィール上部の「・・・」マークをタップ。

③「報告」をタップ

④「不適切である」をタップ。
スパムの場合は「スパムである」をタップ。

⑤「このアカウントはInstagramコミュニティガイドラインに違反していると思う」をタップ。

⑥「アカウントを報告」をタップ。

⑦無断転載の場合は、「無許可で私の著作物を投稿している可能性がある」をタップ。

 

なお、不当な報告はアカウント停止や損害賠償に関わるので、明らかに無断転載されているのが確認できる場合に報告してください。

 



スポンサーリンク



インスタに音楽を載せる方法は?

 

出典:https://www.pexels.com/
では、インスタに投稿する動画に音楽をつける場合はどうすればいいのでしょうか?

まず大前提として、自分で作った音楽であれば掲載できます。

最近はDTM(作曲・編曲)アプリが増えてきているため、凝らなければ誰でも簡単にオリジナル曲を作ることができます。

しかし、やはりプロのかっこいい曲を使用したいものですよね。

ではインスタに他の人が作った曲を掲載するにはどうすればいいのか、チェックしていきましょう。

 

著作権フリーの音楽を使用する

まず、著作権フリーの音楽が提供されているサイトを活用する方法があります。

たとえば「NCS(NoCopyrightSounds)」というサービスが有名ですね。

ここではEDM系の音楽が多く掲載されており、かっこいい動画を作るのにぴったりです。

ダウンロードせずとも、聴いているだけでパーティーピーポーな気分になれるほどのハイクオリティー!

ダーク系だけでなくリゾートなどに似合うチルな音楽も発見できるので、色々探ってみてください。

 

ヒット曲を使いたい!

よく芸能人が動画に有名なアーティストの音楽をつけてアップロードしていますよね。

だから私たちも同じようにヒット曲を動画に使っても問題ないんじゃないの?、と思われるかもしれません。

しかし芸能人はそのアーティストやレーベルに許可をもらうか使用料を支払っているはずです。

ということで許可のない楽曲をインスタや他のSNSなどで無断使用することは違反行為に該当します。

 

また、ストーリー機能ではスマートフォンで音楽を流しながらストーリーの動画を撮ることもできます。

しかし24時間経てば消えるストーリーでも、動画として保存することはできます。

ストーリーでもフィードへの投稿と同じく、著作権フリーの音楽を使うようにしましょう。

 

著作権の回避方法

 

出典:https://www.pexels.com/

結論として、インスタで著作権を回避する方法は「100パーセントオリジナルの写真と動画、そして著作権フリーか自作のBGMを使用すること」です。

グレーゾーンの投稿を回避することが一番確実な著作権対策になります。

動画のBGMはあった方がいい動画になるのはたしかですが、BGMがなくても動画自体の内容が素晴らしければ十分インスタ映えするでしょう。

写真に関しても、誰かが撮った写真を使うより自分で撮った写真や動画を堂々と使う方が精神的にも良いですよね。

 

インスタの著作権についてまとめ

 

出典:https://www.pexels.com/

以上、インスタの著作権の詳細をご覧いただきました。

 

・インスタで著作権の対象になるのは、フィードやストーリー機能への投稿する写真や動画、キャプションやコメント

・写真などの無断転載は著作権違反。無断転載されたら問題のアカウントに直接報告するのではなく、インスタに削除依頼をする。
不当な違反報告はアカウント停止や損害賠償が求められる場合があるため、明らかに著作権を侵害された場合に申告するようにしよう。

・動画に音楽をつけて投稿する場合は、自作の楽曲か著作権フリーの音楽を使用する。
それ以外のヒット曲や有名アーティストの楽曲は許可をとっていない場合は使用してはいけない。
芸能人がよく動画で有名な洋楽などを使用しているが、許可を取るか使用料を支払っているはずなので、一般人が安易に真似するべきではない。

・インスタで著作権を回避する方法は、100パーセントオリジナルの写真と動画、そして著作権フリーか自作のBGMを使用すること。
動画のクオリティーが高ければBGMはなくてもインスタ映えするはず。

 

「まあいいか」「バレないだろう」と軽い気持ち=故意に違反行為をやってしまっている方が多いのではないでしょうか。

また、仲のいい間とはいえ、友人の撮った写真を勝手にインスタなどSNSに掲載するのも好ましくありません。

やられた方は良い気分にはなりませんし、「友人だからやって良い」ことではありません。

自分で所有しているアカウントですから、正々堂々と自分の撮影した写真や作品で勝負しましょう。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − 10 =