インスタのタグ付けのやり方!非公開の場合は?

「タグ付け」機能、使ったことはありますか?

タグ付けをすると、コミュニケーションが捗るなど多くのメリットが得られます。

今回は、そんなインスタのタグ付けのやり方と、非公開アカウントでタグ付けをするとどうなるのかについてご覧いただきましょう。

 



スポンサーリンク



インスタのタグ付けのやり方

 

出典:https://www.pexels.com/

まず、インスタの「タグ付け」の方法をチェックしましょう。

 

インスタのタグ付けとは

インスタの「タグ付け」は2パターンあります。

ひとつはおなじみの「ハッシュタグをつけること」、もうひとつは「ユーザー名をつけること」です。

ハッシュタグはフィードへの投稿の際に説明文の中につけることで、同じハッシュタグを付けた写真や動画の一覧に投稿を表示させることができます。

もうひとつの「ユーザー名をつける」とは、フィードへの投稿の際にユーザー名のタグをつけることです。

これによりタグ付けしたユーザーのアカウントに、タグ付けした投稿を載せることができたり、「この人はこのアカウントの人ですよ」と紹介することができたりします。

自分が写っている投稿写真に自分のアカウントのタグを付ければ、自己紹介にもなります。

ユーザーがタグ付けされた投稿には、必ず投稿の左下に黒い人マークが表示されていることがわかります。

どのアカウントがタグ付けされているかは、投稿を1度軽くタップすることで確認できます。

タグ付けされたアカウントの詳細を閲覧したい場合は、タグの上をタップすればそのアカウントのトップページに飛ぶことができます。

ちなみに2回連続タップするといいね!を押したことになるのでご注意ください。

 

また、ストーリー機能でもタグ付けをすることができます。

ハッシュタグを付けることはもちろん、アカウント名も「@」から打ち込めばタグ付けすることができます。

アカウントのタグ付けをすれば、そのアカウントにメッセージも届くようになっています。

工夫すればさまざまな用途で使うことができ、アカウントや投稿の存在をアピールできる機能が「タグ付け」なのです。

 

タグ付けすると通知は行くの?

ユーザーをタグ付けすると、通知は行きます

プッシュ機能の通知はオフにしていても、アカウントページに赤いマークで表示されます。

また、上述のようにストーリーでタグ付けをすればメッセージで通知されます。

ちなみに自分の投稿に自分のアカウントをタグ付けしても通知は行くようになっています。

タグ付けすると実際にどうなるかの確認もできるので、お試しでやってみてもいいかもしれませんね。

 

削除した場合は通知は行くの?

ユーザーのタグ付けを解除=削除しても通知は行きません

タグ付けした時のみ通知が行くようになっています。

 

タグ付けの編集

タグ付けはもちろん投稿時にできますし、投稿した後から付けることもできます。

投稿時につける場合は、投稿画面の画面真ん中あたり、「タグ付けする」のボタンをタップし、ユーザーIDを打ち込みます。

そして表示されたタグを投稿写真の好きなところに移動させ、完成です。

以前は複数投稿の場合は後からタグ付けができない仕様でしたが、現在は複数投稿でも後から追加・削除ができるようになっています。

一枚の写真を編集するときと同じように、編集ボタンからタグ付けをしましょう。

なお、タグ付けは写真1枚ごとにできます。編集画面で写真をスクロールしながら、一枚づつタグ付けをしていきましょう。

インスタの機能が以前より便利になって嬉しいですね!

 



スポンサーリンク



非公開アカウントでタグ付けをしたらどうなるの?

 

出典:https://www.pexels.com/

非公開アカウントにしていて、ユーザーをタグ付けした場合、表示はどうなるのでしょうか?

結論から申し上げますと、フォロワー以外はそのタグ付けした投稿を見ることができません

非公開アカウントを承認されたユーザー以外が見ようとすると、投稿数・フォロー数・フォロワー数とプロフィールしか閲覧することができません。

つまり投稿内容は一切見ることができず、タグ付けされた投稿でも同様です。

ただしフォロワー=承認されたユーザーはその投稿を見ることができますし、タグ付けされた写真一覧にも表示されます。

フォロワーのタグ付けされた写真一覧においても、あなたが承認していないユーザーにはその投稿は表示されないのでご安心ください。

とにかく、非公開アカウントにしているのに投稿がフォロワー以外に漏れてしまうことはあり得ないので大丈夫です。

 

タグ付けする場合は非公開を解除しよう

タグ付けは、非公開アカウントより公開アカウント向けの機能といえます。

なぜなら前半で述べた通り、タグ付けは「アカウントや投稿の存在をアピールできる機能」だからです。

仲間内でユーザーのタグ付けをしても、すでに見知った顔ばかりでしょう。

もちろんタグ付けされた写真一覧で表示させることが目的であれば使うべき機能です。

また、ハッシュタグを付けてもフォロワーしか閲覧できないため、ハッシュタグの効果はあまり得られません。

プライバシーの心配もあるかと思いますが、タグ付けする場合は公開アカウントにしておくとより効果があるといえます。

 

タグ付けを拒否したい場合

他のユーザーからのタグ付けを事前に拒否する方法は、相手をブロックするしかありません。

また、タグ付けされた後であればこちらからタグ付けを削除することもできます。

 

さらに、タグ付けされた写真はアカウントトップで一覧表示されますが、表示させたい投稿を選択する機能もあります。

アカウントトップの画面真ん中・一番右にある人型のボタンをタップし、「あなたが写っている写真」の画面に移動します。

歯車マークをタップし、「手動で追加」のタブをオンにしましょう。これで一覧表示されなくなりました。

特定の自分がタグ付けされた投稿を一覧に追加するには、その投稿の自分のアカウントのタグをタップし「プロフィールに表示」を選択しましょう。

ただしこの方法で自分のアカウントに表示させないようにしても、投稿からあなたのアカウントのタグが消える訳ではないので注意してください。

完全に拒否する方法はありませんが、上述の通りタグ付けされた後にタグ消去が可能です。

 

インスタのタグ付けについてまとめ

 

出典:https://www.pexels.com/

以上、インスタのタグ付けに関してご覧いただきました。

 

・「タグ付け」にはハッシュタグと、ユーザーのタグの2パターンある。フィードへの投稿だけでなく、ストーリー機能でもタグ付けすることができる。

・タグ付けは投稿の後からでも可能。
複数投稿のタグ付けは以前は後から編集できなかったが、現在はできるようになっている。
複数投稿では写真1枚ごとにタグ付けできる。

・非公開アカウントの場合、タグ付けした写真は承認したユーザー=フォロワーしか閲覧できない
タグ付けは公開アカウントの方が向いているのは考慮しておきたいポイント。

・タグ付けを事前に拒否したい場合は相手をブロック。付けられた後に拒否したい場合は、こちらからそのタグを削除することができる。

・タグ付けされた写真を自分のアカウントに表示させない方法や、特定のタグ付けされた写真のみを表示させる方法もある。
ただしこちらで非表示にするだけであって、相手の投稿から自分のタグが消える訳ではないので注意。

 

タグ付けの素敵な使い方として、画像や写真などにユーザータグを付けて誕生日メッセージとして使う方もいらっしゃいます。

その人が写っている写真でなくてもタグ付けができる良い一例です。

ぜひタグ付けをうまく活用して、より楽しいインスタライフをお過ごしください!



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + two =