インスタ 手書きツイートや手書き加工って?

写真を共有するインスタグラムで、最近「手書きツイート」を良く見かけませんか?

今回はインスタで流行している手書きツイートと手書き加工についてご紹介します。



スポンサーリンク



インスタで流行ってる?手書きツイートって?


出典:https://hash-tag.jp/

写真や動画を投稿して「インスタ映え」などという言葉が生まれるほど、今では一般的になったインスタグラム。

そんな中で最近見かけるようになった手書きのメモ写真

これは「手書きツイート」と呼ばれていて現在流行しているようです。

手書きにも万年筆やお気に入りのボールペンなどで書かれたものから、普通のメモ紙に普通のペンで書いた日記のようなものも多く見られます。

手書きツイートの内容はさまざまで、複数枚をスクロールしながら紙芝居のように表示させる投稿や達筆な文字で名言がかかれていたり、恋愛や夫婦間の悩みなどを赤裸々に書かれたものまで様々あります。

ただ手書き投稿自体は以前からあったようで、一部手帳ファンの間では手帳の使い方や文房具の紹介などの目的で投稿がされていましたが、今ほど多くはありませんでした。

またTwitterでも数年前から文章などを紙に書いて撮影し、ハッシュタグと共にツイートしたり、自分の気持ちや日記を書いたものを撮影して投稿する人が存在していたようで、Twitter上のハッシュタグがそのままインスタに持ち込まれたとも言われています。

その中で、発信力の高いユーザーが「手書きツイート」という投稿を行ったことで、みるみる広がりを見せました。

今では中高生や30代、40代の女性ユーザーに広がり、日記の他に恋愛の思い出や悩みを表現する場になっています。

写真を撮るのは苦手だし、自分を載せるにも抵抗がある方には、写真がなくても投稿できるし、気持ちなどは写真では投稿できませんし、画像編集よりも自由性が高いので個性も出しやすく手軽に始められることから人気になっています。

 



スポンサーリンク



インスタの手書き加工って?


出典:http://girlschannel.net/

アプリを使って写真に自分で書いた文字や絵を入れて加工して投稿する「手書き加工」が話題になっています。

美味しそうなスイーツや友達との写真に、手書きのような言葉が添えられていて、思わず注目してしまう人も少なくありません。

「#手書き加工」で検索すると、たくさんの投稿が見られます。

また動画で手書き加工の方法を紹介しているものもたくさんありますから、そういった動画を見てみるとイメージがわきやすいのではないでしょうか。

パッと見は難しそうな加工ですが、アプリを使えば簡単にかわいい加工写真を作ることができるのでぜひチャレンジしてみてください。

 

手書き加工におすすめアプリ


出典:http://insta-antenna.com/

手書き加工に使われているアプリをご紹介します。

Let’sDraw

Let’sDrawはアプリを起動させるだけで、写真に手書き文字やイラストを描き込むことができるので、初心者でも簡単に使えるアプリです。

特に難しい設定などはなく、落書きのような文字やイラストを簡単に書き込むことができます。

Let’sDrawの特徴は、プリクラのようにたくさんの機能がついているところです。

スマホにテキスト入力かペン入力をするだけで、文字の太さも6種類から選択でき、カラーも16種類用意されているので簡単に自分好みのイメージを作ることができます。

Doodle Maker

お絵かきアプリのように使える、これも人気のアプリです。

Doodle Makerは文字やイラストを落書きするように使うことができます。

クレヨンのように使うこともできるので、小さなお子さんがいる人にもおすすめです。

Picks Art

画像加工で色んな機能が搭載されていると評判の高いアプリですが、手書き加工にも使える万能アプリです。

Picks Artは編集・コラージュ・ペイント・ステッカーの4つが基本機能になりますが、ペイント機能では自由にペンを使って文字やイラストを書き込むことができます。

またペンの種類がとても豊富なので手書き加工にも適しています。

 

インスタに手書きでイラスト

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出典:http://bamboo.wacom.com/
手書きツイートには手書きの文字はもちろん、イラストを描いている投稿も多くあります。

でも文字は書けてもイラストとなるとハードルが高いですよね。

アプリを使ったりコツを覚えればあなたもイラストを入れた手書きツイートが投稿できるようになりますよ。

1.まずはアプリを使うのがおススメです。
  色々な種類のペンやレイヤー機能が使えるイラストアプリが便利です。
  自分の使いやすいアプリを選んでみましょう。

2.イラストを描くにはペンがあると便利です。

  指を使って描くことももちろんできますが、細かなところはペンがあると描きやすくなります。

3.アプリとペンが用意できたら、イラストを描いてみましょう。

  まずはテーマカラーを決めてみましょう。

  イラストの背景になるテーマカラーを決めることで全体のイメージをつかみやすくなります。

  背景が決まったら、そこに白でモチーフを書き込むとよいでしょう。

  例えばマグカップを白で大まかに描いてみます。

  そのマグカップに別の色で縁取りをして、そこにクリームなどを足してアクセントをつけます。

  さらにハイライトで白を描き足すと、イラストに立体感が生まれます。

  イラストが描けたら、文字や装飾を加えると完成です。

 
アプリを使ってイラストを描く以外にも、紙とペンなどを使って描いたイラストをそのまま写真に撮って投稿という方法もあります。

スマホでは画面も小さくてイラストが描きにくいということもありますよね。

紙に描いたイラストを写真にとる場合は、電気などの光が反射して写る場合が多くあります。

できるだけ光の反射が入らないように撮るとうまく撮ることができます。

また白い紙を撮ったはずなのに、写真に撮ったら色がついてるということもありますよね。

そんな時は、撮った写真を写真編集アプリなどでコントラストや明るさを調整してみてください。

簡単に白く変えることができます。

また写真に撮ったイラストに、さらにアプリなどを使って文字や装飾を加えたりすることもできるので紙に描いたイラストとは違う印象になります。

 

手書きツイートにうんざり?


出典:https://news.ameba.jp/

手書きツイートが流行っていると先に紹介しましたが、その手書きツイートが嫌いな人やうんざりしている人も実際は多くいるようです

手書きツイートで多いのは日記や恋愛の悩みごとが多く、個人的な内容すぎて抵抗がある人もいるのかもしれません。

また「#手書き加工」のハッシュタグを使って、あやしい副業などに勧誘する投稿も目につきますので、気分を害するような投稿は見ないことをお勧めします。

それでも見てしまうのが人のサガですよね。

SNS上では手書きツイートに対してヲチしている人も多く見られます。

「ヲチ」とはウォッチ(Watch)またはウォッチング(Watching)を意味するネットスラングです。

簡単に言うと、ネット内外を問わずに個人、企業、メディアなどをひっそりと遠巻きに観察して楽しんでいる行為です。

2chなどがヲチにあたります。

自分がヲチの対象になるのはうれしくないですが、個人の迷惑にならない範囲でひっそりと行ってほしいですね。

でもインスタグラムはあくまでも個人で楽しむツールですから、違反行為にならなければ何を投稿しても自由です。

周りの意見を気にしすぎて投稿できなくなってしまってはつまらないですから、あまり周りは気にせず楽しんで投稿してほしいなと思います。

ただあまりにも周りが気になるようでしたら、非公開にしてみるのも方法の一つです。

 

いかがでしたか。

手書きツイートはここ最近からの流行ですから、興味あるという方はぜひチャレンジしてみてくださいね。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten + seventeen =