インスタで位置情報できない!位置情報の追加方法

今や、カフェやレストランなど飲食店の情報をインスタでチェックする方が多くなってきました。

「 #新宿カフェ」「#難波グルメ」などのハッシュタグも登場し、お店探しにまずインスタを開く方もいらっしゃるでしょう。筆者もまずインスタで調べます。

食べログやぐるなびも利用されていますが、インスタでは食べたいメニューを写真を見て決めておくこともできますし、サイトには載っていない口コミや店舗情報をコメントしてくれるユーザーさんもいらっしゃいます。

とはいえ、まだまだフォトマップに登録されていない場所がたくさんありますよね。

特に、地方の個人経営のお店やローカルの小さなお宮さん、海外のマニアックなスポットなどはフォトマップがまだ追加されていないところもあります。

ということで今回は、インスタのフォトマップで位置情報を追加する方法と、位置情報が登録できないときの対処法をお教えします。

 



スポンサーリンク



インスタフォトマップの位置情報あれこれ

 

出典:http://besttabletfor.me/

インスタのフォトマップとは何か

まず、インスタの位置情報がどのような機能において使われるのかチェックしておきましょう。

位置情報を使うのはフォトマップという機能です。

投稿した写真や動画に位置情報をつけて地図上で確認できるようなサービスで、同じ位置情報を登録した投稿をまとめて閲覧することができます。

お店のスタッフさんや経営者さんはフォトマップや店名のハッシュタグをチェックすれば、お客さんからどんな反応がもらえたのか、需要や人気はあるのかなどを分析することができます。

お客さん側としては、同じお店を訪れたユーザーさんにいいね!をもらうこともありますし、誰かに口コミやオススメのメニューを情報として提供できると「役に立っている」という満足感を得ることもできます。

また、観光名所や美術館・博物館のフォトマップを調べれば、現在の混雑具合も知ることができますよね。

「展覧会に行きたいけど、今日は混んでるみたいだからまた今度にしよう」と判断材料にもなります。

ストーリーにも位置情報をつけることができるので、誰かがアップしていればその場所の現在状況を得ることも可能です。

ということで、インスタの位置情報やフォトマップは非常に役に立つということがいえます。

 

インスタの位置情報が検索できない、出ない場合

インスタは現在はフェイスブックの位置情報を使っています。

以前は「Foursquare」というスポット検索サイトがインスタにフォトマップのサービスを提供していましたが、フェイスブックがインスタグラムを買収してからフェイスブック仕様の位置情報サービスに変わりました。

そのため、以前は検索したら出てきた場所や登録できた場所が、現在は検索や登録ができなくなっている場合もあります。

特に小規模で把握されづらい場所はこのような傾向にあるかもしれません。

ただし、現在は登録されていない場所についてはご自身で情報を追加することができますのでご安心ください。

 



スポンサーリンク



インスタで位置情報を追加する方法

 

出典:http://www.orangesmile.com/

それではインスタのフォトマップで見つからない場所について、追加方法をみていきましょう。

追加はインスタのアプリではできません。フェイスブックから登録していきます。

 
①スマートフォン自体の設定で、位置情報がオンになっているかを確認。オフの場合はオンに切り替える。

また、スマートフォン自体の位置情報がオンになっていても、フェイスブックの位置情報がオフになっている場合があるのであわせて確認しましょう。
「常に許可」より「一時的に許可」がおすすめですが、このあたりはご自身の都合でチョイスと切り替えをしてください。

フェイスブックにログイン

③画面上部・ニュースフィードの「チェックイン」をタップ

④追加したい場所の名前を検索窓で検索。すでに登録されていればご自身での登録は不要です。インスタに戻って再度検索してみましょう。

⑤まだ追加されていない場合は、点線四角の中に+マークがある追加のところをタップ。

⑥カテゴリの選択(自宅など選ぶ箇所があります)

⑦住所登録をする。入力でも「今ここにいます」を選択してもOK。

⑧入力等が完了したら、画面右上の「作成」をタップ。

 
これで登録したい場所が追加されました。

また、すでに登録されているのに別の名前で登録してしまうと、同じ場所なのに投稿がぱっくり二つに分かれてしまいます。

他のユーザーさんの迷惑になることもありますので、あまりむやみに新しく登録しないようにしましょう。

まああえてのネタスポット・おふざけスポットもありますし、全部が全部NGという訳ではありませんが…。

 

ちなみに、スマホやインスタ、フェイスブックなどの位置情報を常にオンにしておくことはあまり好ましくありません。

トラブルを未然に防ぐために、特に写真やカメラの位置情報はオフにしておきましょう。

 

投稿に位置情報を追加する方法

あわせてフィードへ投稿する写真や動画に位置情報を追加する方法をチェックしておきましょう。

 
①インスタで投稿をシェアする直前の画面まで進める

②「キャプションを書く」と「タグ付けする」の下にある「位置情報を追加」をタップ。

③検索窓の下に登録したいスポットがない場合は、検索をかけてスポットを探す。

④スポットをタップ。
 

これで投稿に位置情報を追加することができました。

投稿した後に削除する場合は、投稿の編集ページでスポットの名前をタップし、「位置情報を削除」をタップします。

スポット名が不明な場合や自宅にいる場合は無理に位置情報をつけなくてもいいでしょうが、他のユーザーさんの役に立てるようにできるだけつけておきたいところですね。

スポットから離れたところにいる場合でも、位置情報を後から追加することもできます。

旅行や出張から自宅に帰った後の登録でもOKということです。

 

インスタの位置情報まとめ

 

出典:https://free-style.mkstyle.net/

以上、インスタの位置情報についてご覧いただきました。

 
・インスタの位置情報はフォトマップの機能で必要になる。フォトマップはお店やスポットの口コミや現在状況を見ることができ、非常に便利なサービス。

・登録されていないスポットの追加はインスタ上ではできない。フェイスブックからニュースフィードの「チェックイン」で登録する。
スマートフォンとフェイスブックの位置情報をともにオンにしておくことをお忘れなく。

・投稿にもできるだけ位置情報をつけて他のユーザーさんにシェアしたいところ。
 
もはやガイドブックや食べログなどよりも情報源になるインスタ。

スポットを検索して閲覧するだけでなく、スポットの情報を発信する側でもありたいですね。

自分が情報をシェアしたお店に知り合いが反応し、同じお店に行ってさらに投稿までしてくれた時の嬉しさは、特にぜひ味わっていただきたいものです。

またお店のスタッフさんや経営者の方も、自分のお店がインスタのフォトマップに登録されているか確認してみてください。想像以上に良い反応をもらえているかもしれませんよ。

企業サイトとは異なり、ユーザー自身が情報を管理しシェアし合うインスタ。

その新常識は、今まさに全世界の日常に溶け込みつつあります。どんどん使いこなしていきましょう!



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 5 =