インスタのハイライトは足跡がつく?できない時の対処法も!

インスタのハイライト機能、使っていますか?

ハイライト機能は最近出てきたサービスなので、まだ使っていない方も多いでしょう。

しかしハイライト機能を活用すれば、より素敵で他のユーザーに覚えてもらいやすいアカウントにすることも可能です。

そこで今回は、インスタのハイライト機能についての基本と、ハイライトの足跡などの仕様、そしてハイライトができない・使えない場合の解決方法についてまとめました。

 



スポンサーリンク



インスタのハイライトは足跡がつく?

 

出典:https://www.photo-ac.com/

インスタのハイライトとは?

インスタのハイライト機能とは、ストーリーにアップした投稿をアカウントのトップページで常時公開にできる機能です。

ストーリーの投稿は24時間で消えてしまいますが、ハイライトにすると24時間経過してもずっと公開状態にできます。

また、ハイライトは複数のストーリーの投稿をグループごとに分けることも可能で、ハイライトごとに好きなタイトルも付けられます。

 

以前はアカウントの印象の決め手は、アカウントのトップページのサムネイル3枚でした。

現在はトップページを開くとまずハイライトが目に入ってきます。

ということでハイライトを有効活用すればどんなアカウントか把握してもらいやすくなりますし、「この人はこういうことに興味がある」という自己紹介的な役割も果たしてくれます。

ぜひ使い方をマスターして他のユーザーさんにアプローチしましょう!

 

ハイライトのやり方は?

ハイライトのやり方は以下の通りです。

なお、ストーリーを1度も投稿したことがない場合はハイライト機能ができないため、まずはストーリーの投稿から始めてください。

 

①インスタのアプリで、アカウントのトップページを開く。

②丸にプラスマークがついた「新規」のアイコンをタップ。

③ハイライトしたいストーリーの投稿を選んで「次へ」をタップ。

④ハイライト名に好きなタイトルをつけて投稿すれば完了。
必要であれば「カバーの編集」も併せておこなう。

 

もしくは、アーカイブ画面から投稿できます。

 

①プロフィールページの画面右上にある、時計のマークをタップ。

②アーカイブ画面の「・・・」マークをタップ。

③「ハイライトを作成」をタップ。

 

また、消したいハイライトのアイコンを長押しすれば、編集や削除が可能です。

できれば定期的にハイライトの入れ替えをして、常にベストなストーリーをアップしておきたいところですね。

 

ハイライトに足跡がつく?!

ハイライト機能には足跡機能があります。

ストーリー機能は足跡がつく仕様なので、ストーリーの投稿をもとに使用できるハイライト機能も当然足跡が残るわけです。

したがってルール的にはストーリーと同じと捉えて、閲覧がバレるとマズい場合は細心の注意を払って使用しましょう。

 

ハイライトの足跡の順番は?

ハイライトの足跡機能はストーリーと同じと捉えれば、「あなたのアカウントに興味がある順」が足跡の順番です。

「興味がある順」の判断基準は不明ですが、アカウントトップ・投稿・ストーリーをよく閲覧してくれるユーザーや、コメントやいいねをよくくれるユーザーほど上位に表示されるのではないかと推測できます。

フォロワーでないのに足跡の上位に表示されるユーザーはちょっと奇妙に思われるかもしれませんが、あくまでも「閲覧履歴」として軽く捉えておきましょう。

 

ハイライトに足跡をつけない方法

ハイライトにどうしても足跡を付けたくない場合は、サブアカウントを作成して身バレしないプロフィールを設定し、ハイライトやストーリーを閲覧することをおすすめします。

足跡を残さずにストーリーを閲覧できる専用アプリを使ってもいいですが、そこまでして足跡を避けるくらいなら、サブアカウントを作成することに労力を使った方がいいでしょう。

ちなみに、非公開アカウント(鍵アカウント)から他のユーザーのストーリーを閲覧しても足跡はつきます。

また、途中でストーリーの閲覧をストップしても足跡は残るので注意しましょう。

 

ハイライトは保存できる?

他の人のハイライトやストーリーを保存したい場合、まずスクリーンショットを撮る方が多いです。

しかしハイライトやストーリーのスクリーンショットをすると、投稿したユーザーに通知が行くようになっています。

連絡事項やURLが載っているような、どうしてもスクリーンショットが必要な場合以外は保存しないほうが無難です。

また、もし足跡や通知を避けてハイライトやストーリーを保存したい場合は、ストーリー保存用の専用アプリやWebサービスもあります。

ただし相手にバレるとあまり気分は良くない行為ですから、あまりおすすめはできません。

 



スポンサーリンク



ハイライトできない場合の対処法

 
出典:https://www.photo-ac.com/
出典:https://www.pexels.com/

ハイライト機能が使えない

自分のストーリーをハイライトしようと思ったら、アーカイブにストーリーが残っていない、という場合があります。

この場合は、自動アーカイブの機能がオフになっている可能性があります。

以下アーカイブ機能がオフになっていないか確認する方法です。

 

①プロフィールページの歯車マークをタップ。

②「ストーリーズ設定」をタップ。

③「アーカイブに保存」がオンになっていればハイライトができる。
オフになっている場合はオンにタブを切りかえる。

 

ハイライトが出ない

ハイライト機能がアプリ内で出てこない場合は、インスタのアプリを最新の状態にアップデートしてみてください。

それでもハイライトが出ない場合は、OSが最新になっているかの確認もしてみてください。

両方試してダメだった場合は、インスタに問題を報告することで解決するかもしれません。

以下問題の報告方法です。

 

①アカウントトップページの歯車マークをタップ。

②「問題を報告」をタップ。

③「機能の問題」をタップ。

④問題を自由記述して送信。

 

その他ハイライトが見れない原因

アップデート以外に考えられる原因としては、ストーリーの閲覧に制限がかけられている可能性があります。

ストーリーは特定のユーザーの閲覧をブロックすることが可能で、ブロックしたいユーザーのトップページから設定ができます。

投稿の閲覧はできてもストーリーだけ見れない、という場合はストーリーのブロックが原因かもしれません。

 

インスタのハイライトに関するまとめ

 

出典:https://www.photo-ac.com/

以上、インスタのハイライト機能についてご覧いただきました。

 

・インスタのハイライトは、ストーリーにアップした投稿をアカウントのトップページで常時公開にできる機能。
ストーリーは24時間経過すると消えてしまうが、ハイライトは削除しない限り永久に公開できる。

・ハイライトはストーリーの投稿を元に使用できる機能なので、足跡機能も同じく存在する。
足跡をつけたくない場合は、専用アプリを使うか、サブアカウントを作成して閲覧するのがおすすめ。

・ハイライトできない場合は、自動アーカイブ機能がオンになっているか確認。
ハイライトが見れない場合は、アプリとOSのアップデートを確認。
もしくはストーリーに閲覧が制限されている場合もある。

・非公開アカウントからハイライトを閲覧しても足跡はつくので注意。
また、ハイライトの閲覧を途中でストップしても足跡は即座につく。

 

ハイライト機能は、「インスタ映え」とは違う表現方法で自分をアピールできる素敵なサービスです。

しかし閲覧の仕方次第で、他のユーザーに不快感を与える可能性もあります。

ハイライトやストーリーの機能に限らずですが、各機能の正しい仕様とルールをおさえておくことが非常に重要です。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 − 1 =